« クラシックのコピー、コピー、コピー | トップページ | 新学期始まりました »

2007年4月 1日 (日曜日)

松岡正剛 17歳のための世界と日本の見方

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義 Book 17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義

著者:松岡 正剛
販売元:春秋社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 松岡正剛といえば、僕の中のイメージでは小難しい事を長々と書く人であった。「情報の歴史」や「千夜千冊」の様に。とても僕などにはついていけないような内容の連続・・・。
 しかし、ここではちがった。タイトル通り、若い読者にもわかりやすくまとまっていた。そもそも、これは帝塚山大学の講義を基に起こされているので、疑似講義を受けているような感覚で読むことが出来た。

 この本の中で松岡正剛は「人間文化」について、その入り口からその基礎まで我々の手を取って導いてくれる。
 そして、松岡正剛独自の視点こそが「編集」である。編集工学研究所所長にして編集のプロである、松岡正剛ならではの視点ではないかと思う。この視点を軸に、「神話」「宗教」「仏教」「キリスト教」、果ては「茶道」まで、オールラウンドに語っていく。

 僕のような、基礎知識のない人間には、松家正剛の入門として丁度良い1冊である。

Banner2_6

(↑ランキングに参加しています!)

|

« クラシックのコピー、コピー、コピー | トップページ | 新学期始まりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112979/5928642

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡正剛 17歳のための世界と日本の見方:

« クラシックのコピー、コピー、コピー | トップページ | 新学期始まりました »