« ビートルズ健康法? | トップページ | 明けましておめでとうございます! »

2006年12月31日 (日曜日)

紅白歌合戦どうにかならんの?

 今年もいよいよ大晦日になってしまいました。

 大晦日は親戚が集まって年越しそばを食べるのが我が家の慣わしになっています。その時にテレビのチャンネルは紅白歌合戦に合わせてあるのですが、別に紅白が見たいからというわけではなく、家族親戚一同が一致して見たいと思う番組が特にないため、とりあえず共通項をとっているだけだからです。

 毎年毎年思うのですが、紅白歌合戦もっとどうにかならないのでしょうか。本当にあの番組に登場する歌手達は日本人が見たいと思っている人達なのでしょうか。

 というわけで、改革案を考えてみました。こんな紅白も見てみたいなという物を。

 紅白歌「合戦」という番組名の割には、この番組には対決しているという雰囲気はゼロです。なにかのレクリエーションかなにかのようです。そこで、もっとその名に恥じないような、弱肉強食・下克上の対決が実現すれば、もっとオモロクなるのではなかろうかと考えました。

 そこで、番組の最後にやってる訳のわからない勝敗付けをやめます。その代わり、判定は白組・紅組が1人ずつ歌い終わったターンごとに行います。双方向システムを使ってやれば即時的に結果がわかります。オンエアバトルよろしく、負けた出場者はその時点で来年の出場資格を失います。いわば、来年の出場権をかけた、歌手同士のガチンコバトル。年齢やキャリア度外視の必死なものとなれば、さらに盛り上がるでしょうし、結果をリアルタイムで見たいという視聴者も少なくないと思います。ジャンルが違う歌手同士の対決を多くすればさらに面白さ倍増。北島三郎 VS DJ OZMAみたいな(笑)。森進一VS森昌子もウケそうですね(可哀想ではありますが)。近年の大晦日の格闘技番組に対抗する意味でも、歌謡界の異種格闘技戦はイケるのではないでしょうか。見ていてハラハラすれば、もっと続きが見たいという心理が働く気がします。 でも、この紅白で穏やかに年が越せるかどうかといえば疑問ですが(笑)。

 こんな紅白歌合戦、いかがでしょう?

Banner2_6

(↑ランキングに参加しています!)

|

« ビートルズ健康法? | トップページ | 明けましておめでとうございます! »

コメント

あけましておめでとうございます。今年も良い年でありますように。

紅白は対決がメインではなく、活躍した歌手や有名な歌手などが勢ぞろいする歌番組として成立しているのではないでしょうか。ただダラダラと流すだけではつまらないので対決もつけてみた、対決の意味はその程度でしょう。年越しのゆったりした時間なのですからあまり対決色を出して殺伐とするのはちょっと無粋なように思えます。

今年も良い記事を宜しくお願いします。

投稿: Rig | 2007年1月 2日 (火曜日) 15時58分

 新年早々コメントありがとうございます。気ままに書いていますので、良い記事になるかどうかわかりませんが、引き続き努力してみます。

 では今回のコメントについて。確かに無粋かもしれませんね。そう思いながら記事を書いていた次第です。けれども、紅白制作陣があの手この手のテコ入れをした結果を見て、このままの路線でいくのもどうかなぁと思ってしまうのは僕だけでしょうか・・・?
 1回くらいシリアスな紅白があってもいいのではないかなという気がしています。試しにしてみて欲しいですね。「和田アキ子の首獲ったぞ~!」といった波瀾の展開も有り得て結構面白い企画ではあるように自分では思っているのですが。

 今年の中居君と仲間由紀恵の司会は良かったですね。来年もあの二人が良いなと今から思っています。

投稿: SIR-5 | 2007年1月 2日 (火曜日) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112979/4743840

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白歌合戦どうにかならんの?:

« ビートルズ健康法? | トップページ | 明けましておめでとうございます! »