« 政府税調会長後任に香西泰氏 | トップページ | 紅白歌合戦どうにかならんの? »

2006年12月29日 (金曜日)

ビートルズ健康法?

 年の瀬ですが世間では色々とゴタゴタしたことが起こっていますね。そこで今日はまったりした話題を。ヤフーより引用。(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061228-00000014-gen-ent

ビートルズを聴いて、おなかスッキリ!?

12月28日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 ストレスの多い現代人には、腸にガスや便が停滞する“ぽっこりおなか”や、便秘や下痢を繰り返す不快な症状が激増中。そんな胃腸のトラブルがさまざまな病気の原因にもなっているのだが、これを意外な方法で解消する一冊が刊行された。
 松生恒夫著「ビートルズでおなかスッキリ」(法研 1600円)は、ビートルズの名曲で胃腸のはたらきを良くして食欲不振や胃もたれ、排便障害、停滞腸を改善、おなかをスッキリさせる音楽療法の理論と実践法を紹介。
「胃腸のはたらきをコントロールしているのは、交感・副交感という2つの自律神経。心身をリラックスさせるような“リセット音楽”を聴くと心拍数が減り、副交感神経が優位な状態となって胃腸のはたらきが活性化される。中でもビートルズの楽曲の多くは(1)親しみやすく美しいメロディー(2)シンプルなサウンド(3)日本語でない言語という条件を満たし、“リセット音楽”に最適」と、消化器内科の専門医である著者は解説する。
 副交感神経を優位にして胃腸を活性化するには「イエスタデイ」などのアコースティック調、交感神経を優位にして活発になりすぎた胃腸のはたらきを抑えるなら「ツイスト・アンド・シャウト」などのロックンロール調、腸をリラックスさせるには「ビコーズ」などのハーモニー調と、効用別に名曲をリストアップ。ビートルズの名曲をバイオリンやピアノなどクラシカルな楽器でカバーしたCDも付いている。


最終更新:12月28日10時0分  《引用終わり》

 いやぁ、素晴らしい。ビートルズの音楽は楽しめて、その上健康にもよろしい。一石二鳥とはこのことです。でも"REVOLUTION9"は何に効くんでしょうか・・・。

ビートルズでおなかスッキリ―胃腸のはたらきを改善する音楽療法 Book ビートルズでおなかスッキリ―胃腸のはたらきを改善する音楽療法

著者:松生 恒夫
販売元:法研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner2_6

(↑ランキングに参加しています!)

|

« 政府税調会長後任に香西泰氏 | トップページ | 紅白歌合戦どうにかならんの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112979/4717794

この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ健康法?:

« 政府税調会長後任に香西泰氏 | トップページ | 紅白歌合戦どうにかならんの? »