« アメリカなどの外国人との交流の難しさ | トップページ | 民法苦手です。 »

2006年10月20日 (金曜日)

問題職員が全体のイメージを掻き乱す

 朝からみのもんたが吼えていた。奈良市の職員が「病気」を理由に休暇を取り続け5年間で8日しか出勤していなかったにもかかわらず、給料をほぼ満額もらっていた問題でだ。病気が真実ならまだ許せたが、「この男は毎日のように高級車を乗り回していた」とTBSは伝えていた。記者の質問にもノーコメント。みのもんたは怒りを抑え切れない様子だった。

 この男は今すぐにでも糾弾されるべきである。公務員の職務をなんと心得ているのか。思い上がりも甚だしい。奈良市の規則がおかしいのも問題である。しかし、きっとこの規則はこのような職員がいるはずがないという性善説に基づいて作られているのだろうから、仕方あるまい。これはおいおい改善されることだろう。

 何よりも僕が怒りを感じたのは、この男の身勝手極まりない行為が、その他の大多数であろう真面目な公務員への信頼を失墜させたことである。マスコミが取り上げるのは堕落したごく一部の人間だ。公務員とはいえ、人間である。社会全体のモラルが崩壊してきているといわれている今日、おかしい人間が役所に紛れ込んでしまうこともある。採用試験で人となりを見抜くのは難しいことだろう。いったん雇用されれば、排除されにくいこともこの問題に拍車をかけている。僕は公務員の身分保障の見直しには基本的には反対の立場だが、この部分は見直しも仕方あるまい。このような職員の存在は公共の福祉に反するものだ。こういう人間はやめさせられても自業自得である。

 世間の人には、このような節操のない職員や、この職員を生み出した役所の規則に対してだけ糾弾や疑問の声を上げてもらいたい。個々人の公務員に対しては、何も咎めないでいるのが正しい。今のマスコミの論調に流されて、公務員全体までもがそんなものだと思っては断じてならない。公務員には命を削るようにして毎日休みなく必死に取り組んでいる人だっているのである。ここで市民が道を踏み誤れば、我々の国、そして故郷がどうなってしまうか、大いに危惧するものである。

Banner2_6

(↑ランキングに参加しています!) 

|

« アメリカなどの外国人との交流の難しさ | トップページ | 民法苦手です。 »

コメント

初めまして。バッキーと申します。

TBありがとうございました。
私も今朝、このニュースを聞いて朝一から切れてしまいました。官民格差もここまでヒドイとは。やっぱり
この国は再度クラッシュした方が良さそうですね。

カチッとしておきました。
今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: 税理士バッキー | 2006年10月20日 (金曜日) 17時31分

 コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

投稿: SIR-5 | 2006年10月23日 (月曜日) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112979/3895284

この記事へのトラックバック一覧です: 問題職員が全体のイメージを掻き乱す:

» 奈良、5年間に8日の出勤で給料支給 [ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳]
今朝、ズームインを観ていたところ、奈良市の職員で5年間に僅か8日しか出勤していな [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金曜日) 17時24分

» 5年で8日出勤という奈良市職員、モラルハザードはここまで・・・ [新・だんなの屋根裏部屋]
この話を聞いて、税金を納めるのが馬鹿らしくなってしまった方もいるでしょう。 奈良... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日曜日) 17時49分

« アメリカなどの外国人との交流の難しさ | トップページ | 民法苦手です。 »