« 読めぬ北朝鮮の動き | トップページ | アメリカなどの外国人との交流の難しさ »

2006年10月12日 (木曜日)

今読んでいる本

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい? Book 問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?

販売元:大修館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続弾!問題な日本語―何が気になる?どうして気になる? Book 続弾!問題な日本語―何が気になる?どうして気になる?

著者:北原 保雄
販売元:大修館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 最近、日本語が大きな変化を見せ始めている。言語とは生き物同然だから変化を繰り返してゆくものだが、なかには文法的には間違いであったり、これまでの日本語が染み付いてしまっている人には不快感を与えてしまったりする表現もある。これらの本は、僕の日本語を改めて叩き直す上で有益な本と思って借りた。自身の日本語に不安を持っておられる方には、本屋や図書館等での一読をおすすめする。

Banner2_6

(↑ランキングに参加しています!)       

|

« 読めぬ北朝鮮の動き | トップページ | アメリカなどの外国人との交流の難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112979/3777958

この記事へのトラックバック一覧です: 今読んでいる本:

« 読めぬ北朝鮮の動き | トップページ | アメリカなどの外国人との交流の難しさ »