« NO!小沢代表 | トップページ | 昨日の台風13号は凄かった »

2006年9月16日 (土曜日)

大人も楽しめるウルトラセブン

 どうにも我慢できずにウルトラセブンをビデオショップでレンタルしました。「超兵器R1号」(ギエロン星獣)・「盗まれたウルトラアイ」(マゼラン星人マヤ)・「円盤が来た」(ペロリンガ星人)が収録されたテープです。

 昔、ギエロン星獣とマヤの回は録画したテープを持っていたのですが、あまりに観すぎてワカメになってしまい観られなくなったのでした。

 10数年ぶりに観ると、幼い頃にはわからなかった、この作品のテーマがはっきりとわかって感慨も一入です。

 「超兵器R1号」は60年代の冷戦下における軍拡競争・ベトナム戦争へのアンチテーゼ。「地球を守るためなら何をしてもいいのですか!」「それ(超兵器開発競争)は、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ・・・。」というダンのセリフが胸を打ちます。「人間という生物はそんなマラソンを続けるほど愚かな生物なのでしょうか。」と最後になって改心する開発研究者のセリフも素晴らしいです。ラストで籠に入ったリス(ネズミにも見える)が回転車で走り続けるのも印象的。ギエロン星獣のデザイン、戦闘シーンも秀逸! ウルトラホークの操演も見もの。

 「盗まれたウルトラアイ」は退廃的な文化への批判、祖星に裏切られる悲哀。若き市川森一の筆による、怪獣の登場しない隠れた名作。

 今だからわかる、深い内容。子供向けとはいえ、一切手を抜かないハイクオリティー。さすが、ウルトラの最高傑作ウルトラセブン!

 「円盤が来た」は初めて観ましたが、サイケデリックな特撮シーンが印象的でした。ペロリンガ星人との決着がいつの間にやらついている点など、これほどわかりにくい戦闘シーンは他にありますまい。セブンにもサイケがあったんですね。ビートルズ好きの僕にとっては興味深いことでした。  

 このウルトラセブンという傑作を、多くの子供達に観てもらいたいと思います。怪獣やメカのデザイン・音楽を含めたあらゆる面で、現代のヒーローものはこの作品に全く歯が立たないでしょう。

 各回の詳細が記載されたサイトへのリンクを張りました。興味のある方はご覧下さい。

 さらにお暇のある方はこちらの記事へ→円谷プロに物申す

DVDウルトラセブン 全12巻セット DVD DVDウルトラセブン 全12巻セット

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD ウルトラセブン Vol.7 DVD DVD ウルトラセブン Vol.7  

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:1999/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD ウルトラセブン Vol.9 DVD DVD ウルトラセブン Vol.9

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:1999/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD ウルトラセブン Vol.11 DVD DVD ウルトラセブン Vol.11

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:1999/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner2_6

(↑ランキングに参加しています!)

|

« NO!小沢代表 | トップページ | 昨日の台風13号は凄かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112979/3455087

この記事へのトラックバック一覧です: 大人も楽しめるウルトラセブン:

» 超兵器R1号 [My Hobby Selection i-Gangle]
DVD ウルトラセブン Vol.7 特撮(映像)  戦後、アメリカは核兵器を保有している国とは戦争をした事が無い。  それを知っているからこそ、北朝鮮は身の保全の為に核兵器の保有へと直走るのだろう。  ウルトラセブン第26話「超兵器R1号(DVD ウルトラセブン Vol.7に収録)」.......作中での地球防衛軍の立場はまさに北朝鮮の立場なのだと思う。  常に地球は宇宙からの侵略にさらされている。  地球防衛軍は地球防衛の最終手段として、究極の最終兵器の開発... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水曜日) 00時25分

« NO!小沢代表 | トップページ | 昨日の台風13号は凄かった »