« アルコール禁止令発動 | トップページ | シリコンの謎解決 »

2006年7月 7日 (金曜日)

”グラウンド・ゼロ”に驚き

 先日図書館に返却した、トーマス・フリードマン氏の筆によるニューヨークタイムスのコラムを集めた書籍、”グラウンド・ゼロ”を読んで大変驚いたことがあります。

 この本の中には、フリードマン氏の日記として、コラムを書いた背景も記述されています。この中で、ニューヨークタイムスのコラムニストである氏は、アラブの王族もいるパーティーに出席したり、東欧の大使館から米政権の今後の行方について問い合わせを受けたりと、僕の想像を遥かに超えた領域で活動していました。日本の新聞のコラムニストにこんな人は一体いるのでしょうか。こんなジャーナリストは稀有の存在だと思います。世界中の様々な階層の人と接し、世界各地の現場へも足を運ぶ氏が執筆したコラムは、時に辛辣ですが強い説得力があります。3回ものピューリッツァー賞受賞暦は伊達ではありません。

 日本の新聞のコラムもアメリカ並みに充実してほしいと切に願います。日本のジャーナリズムのさらなる発展を祈念いたします。

 以下は、その本と、氏の最新の著作を紹介します。僕も今後読もうと思っています。

グラウンドゼロ アメリカが初めて体験したこと―「NYタイムズ」コラム集成 Book グラウンドゼロ アメリカが初めて体験したこと―「NYタイムズ」コラム集成

著者:トーマス フリードマン
販売元:ウェッジ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フラット化する世界(上) Book フラット化する世界(上)

著者:トーマス・フリードマン
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フラット化する世界(下) Book フラット化する世界(下)

著者:トーマス・フリードマン
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アルコール禁止令発動 | トップページ | シリコンの謎解決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112979/2290311

この記事へのトラックバック一覧です: ”グラウンド・ゼロ”に驚き:

» 読書の日々 [共通テーマ]
今日読んだ本、今日思い出した本。今日の一冊について、書いてください。 [続きを読む]

受信: 2006年7月12日 (水曜日) 01時45分

« アルコール禁止令発動 | トップページ | シリコンの謎解決 »